耶馬溪風物館(やばけいふうぶつかん)

耶馬渓風物館 = 禅海和尚縁の道具や本耶馬渓の歴史に関連した資料の充実した博物館

耶馬渓風物館は、大正の頃、広島の漢学者小野桜山が全国行脚により収集した古書一万冊を収蔵した「馬渓文庫」を起源とし、現在は道の駅耶馬トピア内に設置された施設です。

現在は3205巻、7800冊余りを所蔵し、その一部のほか桜山のコレクションであった掛軸、屏風なども展示しています。また、30年もの歳月をかけて隧道を貫通させた禅海和尚に関する資料や、青の洞門を舞台にした文豪・菊池寛の小説「恩讐の彼方に」のマジックビジョン、一昔前この地方で使われていた民具や農具、旧下毛郡内で出土した考古遺物なども多数展示しています。